学会報告

令和6年度

※サムネイルをクリックすると、大きな画像が開きます。

ESSKA CONGRESS 2024
8-10 MAY 2024【MILAN,ITALY】




鬼木 泰成 院長

「POSTOPERATIVE OUTCOMES OF DIFFERENT ANTERIOR CRUCIATE LIGAMENT RECONSTRUCTION TECHNIQUES USING HAMSTRINGS IN HIGH DEMAND PLAYERS - SINGLE BUNDLE VS. DOUBLE DUNDLE」
形式:ePoster

中村 英一 副院長

「A PROSPECTIVE RANDOMIZED CONTROLLED TRIAL COMPARING IN VIVO KINEMATICS DURING WEIGHT-BEARING ACTIVITIES IN MEDIAL-PIVOT VERSUS POSTERIOR-STABILIZED TOTAL KNEE ARTHROPLASTY」
形式:ePoster

「DYNAMIC EVALUATION OF DISTAL TIBIAL OSTEOTOMY WITH HEMICALLOTASIS FOR MEDIAL OSTEOARTHRITIS OF THE KNEE USING THREE-DIMENSIONAL GAIT ANALYSIS」
形式:ePoster
第3回日本Knee Osteotomy and Joint Preservation 研究会
令和6年4月19~20日【レグザムホール(香川県県民ホール)】


中村 英一 副院長

「一般演題(口演)13 中長期成績」
形式:座長

「変形性膝関節症に対する Hemicallotasis を用いた脛骨粗面下骨切り術の成績について」
形式:口演
北村 孝一 PT

「内側型膝 OA に対する Hemicallotasis を用いた脛骨遠位骨切り術における関節面傾斜が歩行動態に与える影響」
形式:口演


過去の学会報告はこちら